スマホゲームの紹介・レビューのブログです。

悪魔城ドラキュラ寄りのメトロイドヴァニア|Toziuha Night ~ Order of the Alchemists ~

シングル主体
この記事は約4分で読めます。

もうメトロイドヴァニアと言うより悪魔城ドラキュラ・キャッスルヴァニア寄りのプラットフォーマーアクションです。まだ完成して居ない(マップが)のようですがちゃんと遊べるので遊んでみて紹介する Toziuha Night ~ Order of the Alchemists ~ です。

基本操作はスマホでも楽々

グラフィックオプションでブラウン管の湾曲と走査線ラインエフェクトも入れられる。
ゲームボーイ風の液晶画面も。ゲームボーイって白黒4階調なんだけど確かにここまででは無いにせよ緑だった。
2つのマップが選べます。主人公ザンドリアのプロローグから遊ぼう。
オープニングが英語かスペイン語で展開する。
16~32ビット時代の家庭用ゲーム機っぽいグラフィック。
多重スクロールで疾走するザンドリア。
操作は主にアタック・ジャンプ・バックダッシュだ。
燃え盛る村から開始でさっそくゾンビがうようよ居る。
下レバー入れのしゃがみをしつつ矢七みたいなマーク(矢七わかる?)を押すとHP回復できるとの事。
倒しても復活するブラッドスケルトンがヤダ。
回復を使うと4づつHP回復する。
赤い魔法陣の場所で2段ジャンプやスライディングなどの新たなアクションを得て進めなかった所が行けるようになる。
スライディングで低い穴を通る!
上キー押しっぱなしと矢七でエレメンタルシステムが発動する。
エレメンタルシステム発動には装備が必要なので、右上バーガーメニューからマップを開きEquipを選ぶ。
エレメンタルと触媒となる鉱石を装備する。
レバー上入れ+矢七でエレメンタル発動!
ザンドリアの周りをエレクトリックな球体が守ってくれるようになった。すぐ消えるけどね。
この穴落ちたらどうなるのかな?
穴に落ちるとスタート地点に戻ってきた! メトロイドヴァニア探索が楽しい。
武器であるチェーンムチは8方向に打ち出す事ができる。がこれはバーチャルパッドではなかなかキビしい。しかし空中の輪っかにムチを引っ掛けてターザンごっこするのに必要なアクションだ。
このあたりの先で死んでしまった。死ぬと石像のセーブポイントに戻されます。また中断用のクイックセーブもあります。

もうひとつのステージを遊んでみる

こちらは石造りのダンジョンっぽい。
プロローグと同じように能力が得られ攻撃力等も上がる。
カギを見つけて開かないトビラを開ける。このトビラのグラフィックが元となったゲームであろう悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印のものにクリソツである。
悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印(Nintendo DS)のトビラのグラフィック。
最後にボスが出る。
強いのかと思いきやメッチャ弱くて拍子抜け。
4ルームのステージでしたがクリアー。アプデで増えていくと嬉しいな。

公式のゲーム動画

このゲームのポイント

  • 悪魔城ドラキュラ風の無料アクションゲーム。面クリ式では無く探索要素のあるメトロイドヴァニア形式。
  • 美形な女主人公ザンドラのプロローグはセーブも出来てそれなりに広そうなステージ。
  • ステージを探索しスキルやエレメントを集めていく。エレメントシステムを使用するための触媒の鉱石は敵が落とす。
  • ダメージを受けると吹っ飛んで剣山に刺さるなど起こる。吹っ飛びは悪魔城シリーズの伝統です。
  • ストア解説の和訳に「これは、農業をする必要がないメトロイドヴァニアスタイルのゲームです。」と書かれておりファーミングが農業と翻訳されているのだが、DSの悪魔城シリーズの中には敵の能力をトレハン(ファーミング)する要素のある作品も多いのだけど今作ではその必要は無いと言うことです。
  • 物理ゲームパッドにも対応している。ナナメ入力がツラいので持ってたら便利。
  • Godot Engineという無料で使えるゲームコンストラクションウェアで制作されている。
  • 言語は英語かスペイン語しか無い。
  • 動画広告類は一切無かった。

アプリのリンク

Toziuha Night - Order of the Alchemists

Toziuha Night – Order of the Alchemists

無料posted withアプリーチ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
モノクロール