スマホゲームの紹介・レビューのブログです。

Android端末にAPK・XAPKのアプリファイルをインストールして遊ぶ方法

特集記事
この記事は約10分で読めます。

最近はAndroidのAPKを入手してまで遊んでみたいタイトルが多く、ブログで紹介したい楽しいゲームも多いのでAPKやXAPK形式のアプリのAndroid端末へのインストール方法を別記事で載せておこうとして書きました。

APKやXAPK形式と書きましたが正規にGoogleプレイストアでゲームやアプリが配布されているファイル形式自体がAPK・XAPKなのですが、フツーにストアからダウンロードする場合は特に意識しなくても勝手にインストールしてくれてインストール前のファイルも残らないので気になりません。そのAPKを正規ストア以外から自分でゲットしてインストールする方法というわけです。

なぜそんな事をするのかと言うと、アカウントを作成している国によってはその国からはダウンロードさせてもらえない通称「おま国」オマエの国籍が気に入らねーからダウンロードさせてあげないよ。があるからなのですが、差別とかでは無く後から日本語化して日本ストアでも配信しようとしている場合や、日本ユーザーの好みじゃ無さそうだから配信する気がない場合などもあると思います。また英語圏でしか配布しないガチガチの洋ゲーなどもそうですね。

字が多いですが適度に読み飛ばしてスクショの注釈だけ読んでても大体わかると思います。

APK・XAPKのファイルを入手し自分のAndroid端末にインストールする方法

PCでAndroid版のAPKを手に入れウィルススキャン

まずあちこちにあるAPK配布サイトからお好きなAPKを探してきます。APKpure.com uptodown.com APKcombo.com が最大手かな。ウィルススキャンをしたいのでPCでダウンロードしました。念のため自分のPCに入れてるウィルス対策ソフトでスキャン後、VirusTotalというサイトで検査をします。

VirusTotalでは世界中のウィルススキャンソフトでファイルを検査してくれる無料のクラウドサービスです。検査だけなので悪意のあるコードの除去は無理です。ファイルへのURL指定もできるのですがファイルの直リンクをしているAPK配布サイトなぞ無く、そのツド動的にURLを生成していると思われるのでAPKに関してはダウンロードして来てアップロード検査するしか無さそうです。

なおVirusTotalでは650MBのファイルサイズまでしか検査できないのでそれ以上はローカルのウィルス対策ソフトで検査するか、邪魔臭いけどファイル分割ソフトで分割して検査もできるかも?そこまでやらないと思うけど。

ガーディアンテイルズの検査。63ものウィルス対策ソフトにて精査されたAPKはシロだった。
悪意のあるコードが見つかった場合のVirusTotal。

Mystic Gunnerという遊びたいゲームアプリをAPKAwardというAPK配布サイトで入手しましたが、VitrusTotalにアップするとトロイ1件・アドウェア2件が検出されたのでインストールやめときました。

全く知らないウィルス対策ソフト名が並んでますが、かろうじて知ってるカスペルスキーがアドウェアと判断してます。アドウェアはウィルスではありませんが混入させたコードなのは間違いないですし、トロイと判断したK7GWも気になります。調べるとK7AntiVirusというソフトがあるようでソースネクストから販売されてるようです。

APKAwardは素のAPKと共にアンロック要素のロックを解除した状態のMODも同時に配布しているようなので怪しい予感はしてました。

APKcomboにMystic GunnerのAPKがあったのでゲットしVirusTotalにアップするとオールグリーン。

恐らくこれでガーディアンテイルズは大丈夫だろうと再度スマホで直接APKをダウンロードしても良いのですが、今検査したこのAPKそのものでゲームをインストールしたほうが確実に安全なのでグーグルドライブに上げました。ただしもしどこかで有料ゲームを見つけたとしても入れてはダメ絶対、それは違法です。あとは無料ゲームだけど改造されてるの(ゲーム世界の所持金MAXとかガチャで集めるキャラ全部揃ってるとか)も危険が無きにしも非ずなので手を出さないに越したことは無いです。apkpure.com uptodown.com apkcombo.com では有料や改造のアプリは見たこと無いので置いてないと思います。

提供元不明のアプリをインストールできるようにする設定

提供元というのは制作メーカーではなくどこにファイルが置いてあるかなのですが、Googleプレイストアで入手する場合は提供元がそこなのでそのままインストールできるわけです。

例えGoogleプレイストアで正規に配布しているAPKをファイル形式のまま入手し自分の端末にインストールしようとしても、Googleプレイストアで直接インストールするわけではないので「提供元不明」になると思います。ファイル内部の署名を見て「提供元不明」と判断しているわけでは無く、どこにファイルが置かれているかなので自分でプログラムして作成したAPKも「提供元不明」になるのでは無いかなと思います。

実際全てのAPK配布サイトが自サーバにファイルを置いているわけでは無く、APKcomboなどはGoogleプレイストアへファイル要求する橋渡しをしているのでは無いかと思われますので、GoogleプレイストアのAPKが手に入るのですが入れようとすると「提供元不明のアプリ」となっています。

対策ナシにスマホのChromeで直接ダウンロードしてインストールは非推奨。スマホにもガチガチのウィルス対策を施しているなら話は別だが。
Googleドライブアプリ経由のインストールを許可。

提供元不明のアプリをインストールできるようにするには、□△○の端末(Android10)では 設定アプリと通知特殊なアクセス不明なアプリのインストール まで行くとChromeやGoogleドライブやメールアプリが並んでいるので個別に設定。

Googleドライブに置いたAPKをタップでインストールするか否かの確認の後インストール開始。
遊びたくてたまらなかったガーディアンテイルズが無事インストール出来ました!

Googleドライブ上で直接インストール出来ないXAPK形式のインストール方法

My Heroes SEAはXAPK形式なのでGoogleドライブ上で直インストールできない。APKはAPKアイコンが付くがXAPKは圧縮ファイルのアイコンになっている。
APKには専用のアイコンが付く。XAPKには汎用ファイルのアイコンが付いている。ガーディアンテイルズにも青い汎用ファイルアイコンが付いているが入手最新ファイルがXAPKだった。

XAPK形式と言うのはAPKファイルにOBB(Android Opaque Binary Blob)がセットになっていてフツーにはインストールできない。端末にファイルを置いても「不明なファイル」として認識されるのでそのままではインストールできません。Android11なら出来るかも知れませんけれどAndroid10ではムリです。

Googleドライブに置いたXAPKを自分の端末にコピー。

My Heroes SEAを例に続けると、Googleドライブのファイル上で右上の縦3点リーダーを押しファイルの詳細を開き、出てくるメニューからダウンロードを選びます。これでMy Heroes SEAのXAPKファイルは端末に移ったので、どこに格納されたかは後にしてインストールしましょう。

XAPK InstallerをGoogleプレイストアから入手

GoogleプレイストアにXAPK Installerというアプリがあるので入れます。このアプリはスマホ内のXAPKファイルを検索で探し出し、複数ファイルがある場合はリスト化され個別にインストールができます。

無料版の場合はインストールする際に動画広告の閲覧が必要ですが1本見るだけなのですぐ済みます。外部ファイルをインストールできるアプリを自社のストアに置くなんてGoogleは何て寛容なのだろう。

同名のアプリが多くありますが、MTV mobile提供のアプリを使っています。

XAPK Installer

XAPK Installer

MTV Mobile無料posted withアプリーチ

XAPK Installer立ち上げ、INSTALL .XAPK FILESを押す。
検索はバカッ早いのでAutomaticallyでいいです。Manually選択だとこの時点で広告動画が流れてファイルマネージャーが立ち上がるのでXAPKファイルを指定します。
XAPKファイルの検索中…
端末内に見つかったXAPKファイルが列挙される。
インストールしたいXAPKファイル横の緑ボタンを押すと、広告動画を流した後インストールする旨出るので押して広告を見ましょう。
パタポンをパクったゲームの広告が出た。パタポンは2が最高。
動画広告を見終えるとXAPKファイルを解凍してくれる。
不明な提供元のアプリだが準備している。
MyHeroes:seaのインストールボタンが出てきたので押してインストールし完了!

APK・XAPKアプリのアップデート方法

ある日APKインストールで遊べていたGun Fungusというミスターオートファイア系ゲームを立ち上げるとアップデートの案内が表示され遊べず、リンクを飛ぶも当然「おま国」の日本ストアページ。APKのアプデって正規ストア配信じゃないから既存の旧アプリを消して入れなおさないといけないのかな?と以前思ってまして、セーブデータも何らかのクラウドセーブと連動してないと消えちゃうなぁ…と思っておりました。とりあえずuptodown.comで検索すると正規ストアのバージョンと同様のGun Fungus ver 0.1.38がさっそく見つかったので再度DLしVirusTotalでチェックしGoogleドライブに置いてスマホでタップすると…。

「既存のデータは失われません」の文字。APKの直インストールでもちゃんとアップデートができる! ゲームの進行状況が消えない。
Guardian Talesもこの通り上書きで。

上書きでAPK・XAPKのインストールをしても既存のデータつまりセーブデータは失われないので助かった~。ただ正規ストアでアップデートする場合はアプデ用の差分ファイルだとDL容量も少ないでしょうが、APKを直に扱う場合は毎回フルサイズのDLをしないといけませんね。しかしこれくらいの弊害は仕方ありません。

Android端末に残ったXAPKファイルを削除

パソコン初心者にありがちなフリーソフトのインストーラーをいつまでもパソコン内に残してて、消していいのかわからず置いてる人やそれが残るというのをわかってない人も居ますし、ひどい場合だと配布されている圧縮ファイルも残ってるし、解凍して出てきたインストーラーも残っていて2重のムダになってる知人のパソコンとか見たことありませんか?

同じようにスマホでも自分でXAPKをインストールした際には元のXAPKファイルや解凍したファイルが残っており、ストレージをムダに圧迫するのでファイルマネージャーを使って消しましょう。□△○はGoogleのFilesを使っています。

Files by Google: スマートフォンの容量を確保

Files by Google: スマートフォンの容量を確保

無料posted withアプリーチ

Filesを立ち上げダウンロードを開きます。
2つのXAPK以外にもゲームのファイルらしき物があるが心配無用。
XAPK Installerが解凍して出てきたファイルがコレ。
ガーディアンテイルズも2つのAPKが出てきている。

さきほどのパソコンのフリーソフトの話で言うと、配布されている圧縮ファイル(XAPK)を解凍して出てきたインストーラーに当たるものがファイル(APK)として増えている状態です。

ダウンロードタブにあるのが自分のGoogleドライブからDLしたXAPKファイル。もしAPK配布サイトから直でXAPKをDLしてもここに入る。
全てのファイルを縦3点リーダーを押して削除します。
端末内写真のギャラリーやGoogleドライブと違いゴミ箱へいったん移動したりはしないので削除ですぐ消えます。
Googleドライブや写真ギャラリーと同様にファイルの長押しで複数ファイルにチェックを入れる事も可能。そのまま右上のゴミ箱アイコンをタップしましょう。
複数のファイルを一気に消せます。

終わりに

以上でAPK・XAPKをAndroid端末に入れる方法の記事を終わりますが、最後に「勝手に日本ストアに無いアプリを入れてもいいのか?」と気になる方もいらっしゃるかも知れません。

□△○は外部サイトで見つけた有料アプリはもちろん有料サービスのある無料アプリの改造版を入れるのはアウトに思うのでそれはしませんが、無料で使えるアプリを「おま国」とは言えそのままインストールしてるだけなので全然オッケーだと思ってやっています。提供元不明アプリのインストール許可をした上で簡単に入れられますし、APKがGoogleドライブで直接インストールできるのもそうですし、XAPK InstallerがGoogleプレイストアに置いてあるのもあり、やってはダメぇ~!!!だとは到底思えません。

ただし記事冒頭のように悪意のあるコードを混入させたファイルもありますので、そのようなファイルにはくれぐれも気を付けて楽しんでください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
モノクロール