スマホゲームの紹介・レビューのブログです。

これはAUTO!ミスターオートファイアとほとんど同じ亜種ゲーム|Auto Hero

シングル主体
この記事は約4分で読めます。

アーチャー伝説を横持ちプラットフォーマーにした楽しいゲームのミスターオートファイア。ついにそのミスターオートファイアをパクったのか許可を得てクローンゲームとして作ったのかわかりませんが、ほぼ同じゲームが登場したので紹介する Auto Hero です。

なんだか見たことあるグラフィックだなと思ったらメタルスラッグオマージュゲーム(こちらはストアのアプリ解説でそう書かれている)のCyber Deadを出している開発元のゲームです。とりあえず遊んでみましょうかね。

ほぼ…と言うかグラフィック以外まんまミスターと同じ

起動するとチュートリから始まる。
Cyber DeadBombastic Brothers同じテイストのグラフィック。
最初から2段ジャンプできるのもミスターオートファイアと同じ。プラットフォームから降りるのもレバー下入れ。
敵への攻撃もオートエイム・オート射撃。
レベルアップで3択パーク(スキル)アイコンの絵柄はミスターよりわかりやすいかな。

チュートリから流れで始まる最初のワールドWoodland Realm

ミスターオートファイアとの比較

個人的にミスターよりもグラフィックは好き。
ミスターオートファイアのプレイ画面。
初期のミスターと違い最初から?ボタンを押すとパークの説明が英語だが読める。

ミスタオートファイアとの比較

中間地点でキレエな女神ルーム。
ミスターオートファイアの女神はちょっと怖い顔。
女神さまは回復とバフの2択かと思いきや両方バフ系パーク。
上空へ飛び去る女神も同じでこれはAUTO。飛んだ瞬間に千鳥の相席食堂の『ちょっと待てぃ!』が脳内再生された。
ボス前ルームでは壊すと回復のできる宝箱が置かれている。

ボスの攻撃方法もミスターと同じ

ルーム10ではボス戦。
ミスターの初期ワールドボスと同じ連射攻撃をして来る。
バラマキ弾攻撃も同じ。
地味で弱い攻撃して来るからこれは分裂するなと思った次のボス。
アンノ・ジョー(1862~1925 米国)分裂したが最初の分裂は2つではなく3つに分裂した。その次の分裂は2つ。
最初からクリアする気で挑んだがルーム21で死にかけ。
動画コンティニューができるが用事(お風呂)がありしなかった。

強化画面の見た目も一緒で『ちょっと待てぃ!』

ロビー画面にやって来た。装備やキャラ選択はこれまでのミスターっぷりを見ると最初のワールドクリアで出て来そう。

ミスターオートファイアとの比較

『ちょっと待てぃ!』脳内で大悟さんとノブさんが一時停止ボタンを押した強化要素のタレント画面。
こちらが本家だが並び方も同じなミスターのアップグレード画面。最初に選ばれるゲームスタート時3択パークのベテランと言う名称とアイコンが勲章というのも同じ。
先のワールドのイメージ画や報酬のチェストなどはCyber Deadと同じグラフィック。
イベント系ダンジョン。FireやIceは一般的だがToxicやMetalと言ったミスターオートファイアならではの属性ダンジョンも同じですねぇ。

公式のゲーム動画

このゲームのポイント

  • 1ルームずつクリアして行くプラットフォーマーアクションシューティング。
  • アーチャー伝説系なのでレベルアップで3択能力を得られ、中間地点で女神の恩恵を受けられる。ボス前ルームに回復できる宝箱があり、10ルームごとにボス戦。
  • システムまでミスターオートファイアと同じでグラフィックが違うだけ。
  • 中間地点の女神さまが回復してくれないのと分裂ボスが3体に分裂したという部分だけ違うなと思った。
  • ミスターオートファイアが楽しめたならこちらも楽しめるが、飽きてるならこちらは遊ぶ意味がないかも。ミスターと同じ部分を突っ込んだり違いを探す楽しみはあるとも言える。
  • Cyber Deadで楽しかった敵を倒してゲージを溜めブッパするボム的スキルがAuto Heroにあれば、ミスターオートファイアとは違う要素になり良いと思うんだけど無さそう。
  • ストアのスクショを見るとヒーローは全9種。装備要素もある。
  • バナー画像広告は無いが、2度目のプレイでルーム6・10・15・17・20の後にスキップ可能な強制動画広告が出た。さすがに多いので機内モードでのプレイ推奨。
  • 日本語は無く英語のみ。

アプリのリンク

Auto Hero: AutoFire platformer

Auto Hero: AutoFire platformer

無料posted withアプリーチ

スポンサードリンク
スポンサードリンク
モノクロール